読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識がなくても!ロック好きでも!誰でも楽しめるクラシック入門!!


今日は風がすごかったですね。

「やだ〜このまま飛ばされちゃうよお♡」とかそんな可愛いフレーズ一切御無用な無職の足音が近づき日々怯えている強靭な肉体を持つ喪女(24)だよ!!!こんばんは。強靭な肉体と強い心とこじらせ!三種の神器!!!モテないオンナの三種の神器!!


私はクラシック音楽が好きです、とは言っても小さい頃から英才教育を受けていたわけでも、バイオリンを習っていたわけでもありません。

小さい頃は海で走り回って自分で作った落とし穴に自分でハマったり、中学生の時なんて爆竹が授業中鳴ったり、窓ガラスがしょっちゅう割れたりしているような環境の中で平穏な日々とは…と毎日世の中に問いかけていたよ!

そんな、クラシックとは無縁の世界に居た私がなんでクラシックが好きなのか?ということ、そしてクラシック音楽の魅力を誰にでもわかるように伝えるよ!

私は難しいことを理解するのにもとても時間を要する人間なので、人に難しいことを説明するのにも苦労します、つまり頭悪い。

今はあまり労力を使いたくないからザクッとクラシックの魅力とかを伝えるよ!超雑だよ!本当にクラシック好きな人は読まないで!そして心よりごめんなさい。


クラシックってどうしても眠くなるーとか長いーとか、てかそもそも興味ないわー、back numberでも聞いてたほうが100000倍マシ。とか思っているそこの貴方。


あのーーーーー!!!わかるよ!!!君の気持ち、すっごくわかるよ!

私も中高生の頃は邦楽ロックが大好きで銀杏BOYZ聞いて涙を流したし、峯田リスペクト半端なかった。洋楽にもハマってエミネムとか超聞いて悪の世界に憧れた!!わかるよ!!クラシック音楽を授業で習ったときには爆睡してたよ…


でもね、なんで邦楽ロックとかさ、洋楽とかさ好きになったのか、どうしてそのバンドが好きなのか。どうしてその曲が好きなのか。まあいろいろな理由があると思うの。そのうちの1つに「この曲のサビがめっちゃ好き!!」「この曲の前奏たまらん」とかないですか??

そして「このバンドのギターリフ超好き!」とか思うようになったらもう貴方はすぐにクラシックにハマることが出来るよ!!(超極端な例だけど)


つまり、クラシック音楽を好きになるきっかけは普通の音楽と同じ!!!好きなかっちょいいフレーズを一個でも見つけてみる!!に限るよ。

長い曲を最初から最後まで聴く必要もなし!これは本当に重要で1から10まで理解する必要も聞く必要もなし!とりあえず3〜6くらいの中身を聴いてみて!

あと、難しい前知識は一切不要!ロマン派?古典派?ベートーベン?バッハ?リスト?気になったらググるようになるからそれでよし!

でも知識は知っておいたほうがまたより音楽を楽しめるので、興味を持ったら即ググろうね!!!


では、喪女(24)的、誰でも聴ける?!!?かっちょいいフレーズがあるクラシック曲をつらつらと記していくよ〜

 

チャイコフスキー/交響曲第5番 第4楽章

ムラヴィンスキー指揮/レニングラード交響楽団

(私はムラ様が大好きです、ムラ様サイコー!!)


https://m.youtube.com/watch?v=FL70U8EI31o


オススメ?というか聴きやすいのは圧倒的に4楽章から。ちなみに34分40秒くらいからいきなりグワーーーッとかっこよくなるからここから再生してみるともの凄く聴きやすいよ!

4楽章はテンション高めで終わるしメロディもとーっても美しいよ!とりあえず34分40秒から騙されたと思って最後まで聞いてみよう。

「いや、34分40秒からでも普通に眠くなった…」とかいう人はさ!36分からでもいいから聞いてみて!

あれ、クラシックってこんなにガツガツ熱いのか〜意外と聴きやすいなーって1ミリでも思った貴方。こちらの世界へようこそ。

このメロディいいじゃんって少しでも気に入ったらさ。4楽章のはじめ、31分58秒から再生してみよう。さっき聴いてちょっと耳に残ったあっついメロディまで我慢しよう。

……………あれ?この曲の初めも派手さはないけど……いいな………?この前奏があってこそ、あの派手なメロディが活きているのでは…?!!

そんな風に感じてしまった貴方は、チャイコフスキーとググってしまう呪いをかけました。チャイコフスキーは、耳に残るメロディが多いのでクラシック入門にとてもオススメです。

チャイコフスキーの他の作品だとスラブ行進曲とか祝典序曲1812年とかが私的にはとっても聴きやすいしノリノリな気分になれて楽しいからオススメです。 この2曲は15分くらいで終わるし入門編に本当にもってこい。


②わたしそんなガツガツした曲好きじゃないんだ…クラシック入門するくらいなら心地よいメロディを聞かせて(>_<)そんなワガママボディ(?)の貴方へ送る渾身の1曲!!

ブラームス/交響曲第1番 第4楽章

小澤征爾指揮/サイトウキネンオーケストラ

(なんだかんだサイトウキネンのブラ1が私は1番好みだなあというぼやき)


https://m.youtube.com/watch?v=2zjOORl-snU


この交響曲には、通称「神メロディ」と呼ばれるメロディがあります!(そんな風に呼んでるの私の周りくらいかもな…)

32分40秒から、再生してみてください。オススメの再生する環境下としてはベットでごろんと目を瞑って聴く、かな。


有名なメロディだから耳にしたこともあると思うけど、このメロディすっごくないですか?すっごく良くないですか?

「なんかめちゃくちゃ美しい…」そう思ってしまった貴方はブラ1のメロディなしではもう生きていけないワガママボディになる呪いをかけましたからね!!(大嘘)

神メロディを気に入ったらさ!30分30秒から再生してみて!大草原をイメージして!貴方は今からアルプスの少女ハイジ!!!はい、せーーの!!!


なんだから体が浮く感覚しません?なんかめっちゃ癒されません?!!??ふわふわしません?それです、その感覚、大事にしてください。


ブラームス交響曲第1番って、ブラームスっていう作曲家が21年もかけて作曲した作品なんです。21年もかけて、この作品を作り上げたんです。物凄く完成されていて洗練されたいる交響曲なんですよ。無駄なフレーズが一切ない。

正直4楽章以外はいわゆるクラシック曲!的な部分がかなりあるのですが、4楽章を聴いて興味を持って頂けたら是非、1楽章から聴いて曲の流れを楽しんでほしいです。私がクラシック曲を好きになった原点がこの曲には詰まっています。


要するにクラシックって、好きなフレーズとかメロディを見つけて、そのメロディやフレーズが気に入ったらそのフレーズの少し前から再生して、物足りないなと思ったら曲の最初から聴いてみるくらいでいいんです。

流れがあるのが理解できて、聴いていて楽しいと思ったらもう大丈夫、無敵です。


熱く書きすぎた…疲れた…まだまだ紹介したい曲はあるので続くよ!お風呂はいる!!