恋愛するということ

わたし、すごく恋愛が下手です。

今年で24歳を迎えるというのに一向に恋愛が下手です。


一時期こじらせ女子という言葉が流行りましたが、自分はこじらせている、という以前に精神が安定していないのでぶれぶれ女子という言葉が一番しっくりきます。

精神が安定していないとは言っても、精神疾患がある訳ではないですし、恋愛に対しての求めるもの、着地点がいつもブレブレなんですね。

メンヘラとかそういう言葉では対処する以前のものです。


わたしが勝手に定義する、ブレブレ女子(該当者は私だけか。)

・彼氏は普通に欲しい、居たらまあ楽しい

・ただ、デートをすると恐ろしく疲れてしまう、楽しかったよりも精神的疲労が大きくて1日一緒にいる事さえ苦痛

・デート前にいつもより気合いを入れて化粧をすると病む、私は何をしているんだろうと

・自分は営業が天職だと思っているのですが、どうしてもデートが営業の一環になってしまう節がある。話慣れてる相手とのデートならば別だが、恋愛関係を意識したデートだと相手を楽しませよう、以前に相手に自分を納得させようという考えになってしまう。私は自分自身にとてつもなく自信がないので自分を商品で売り出すために、本気の営業をしてしまう。好きになってもらいたいとかではなく、商品としてのアピール。

・デート時のやや気合いが入った服装を見て誰だよこれ…とげんなりしてしまったり営業デートになってしまうのでやっぱり疲れる。彼とのデート中にお手洗いに行ってはやく帰りたいと嘆く。


こうやって文字で表現すると地雷女だな、と思います。

あと勘違いして欲しくないのは本気で好きになった相手とのデートはとても楽しいし良い意味で緊張しているだけです。

ただ、なかなか本気で好きになる相手って出来ないんだよなぁ、自分は大学の頃もうこれ以上人を好きになることはないのではないかというこの場合だとメンヘラに定義できる恋愛をしてしまったので、今の状況だと本気で人を好きになれるかが怪しい。

自分はストライクゾーンもとても狭く、容姿が良いとか高収入、とかそのような条件ではなく自分の中で細かく設定された他人から見たら理解不能な条件で異性を見てしまいます。なんじゃそりゃw


そんな私ですが、流石に24歳、そろそろヤバイな、ってなっていて最近はデートをするようにしています、未来に繋げられるといいなあ。自分の感情よ、ファイト。