読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狭い世界


私は勝手に10月になったら現職を辞めて転職しようと考えています。

まあその理由なんですけれども、うちの会社は支店長が絶対君主であって、体制ややり方もとても古く、狭い世界感、価値観で動いているのです。ここは昭和かよ。


自分で言うのもアレなのですが、私達の就活って経済もやや回復してきて、そこまで就職活動が難航していなかった時代だったんですね。

また私も自分の長所や、社会貢献出来る要素も正直なかったのですが、サークルに所属していたこともあり、先輩方から就職活動に関する話もリアルタイムで聞いていたお陰で動き方も理解していて、就職活動ではあまり苦労しなかったんです。まあ、苦労しないってことは同時にあまりちゃんと考えていなかったってことでもあるんですけどね。


そこで四月の初めに某上場企業メーカーの営業として内定を頂いていました。

しかし、全国転勤があったため、このままでは東京に住めない!せめて神奈川!と思っていた私にはすこし心苦しくてデスね、就職活動は続けました。


そして現職の会社に出会いました。現職は地元にある企業で、というより全国規模で、まあ国会でも度々話題になる企業でして、大きいけど腐ったような問題はたくさん抱えていて、まあ世間からみたら安定した企業と捉えられることも多いでしょう。


すこし話がズレてしまうのですが私は知らないところに行くのが大好き、または刺激を受けるのが大好き、変わったものが大好き、でして、このような安定した企業に行くのは自分には合ってないなぁと思いながらも、心のモヤモヤは確実に抱えながらも現職の企業の採用試験を受け、内定を頂きました。まあこれが悲劇の始まりだって気付けばよかったんですけどね。まあ次の記事で続きを書かせて頂きます。