20歳

今週のお題「20歳」


とりあえずお題通り書きますね。自分が20歳の時ですか、大学2年生の時ですね。

確かこれくらいから一人暮らしを始めて、スーパースーパーモラトリアム学生生活が始まって行きました。(単位落としまくった)

昼過ぎに目覚めて適当に大学へ行き講義を受けてサークルへ行き、夜遅くまでフラフラ…次の日も昼過ぎまで寝てバイト……嗚呼、いま思うとなんて堕落しているのでしょう目眩がしますね。

たいしてお金もなかったのでg.u.やForever21で買ったやっすい服着て酒飲んで、でもサークル仲間も周りに居てなんだかんだ毎日がとても楽しかったです。

あの時は時間なんて無限で今日が何日か、何曜日か、なんて関係なくて、大学いっても部室でグータラして、わたしの体内時計は狂いっぱなしでした。


こうやって書くと何のために大学へ行っていたのか、って思っちゃいますね。思いました。何のために重い重い奨学金を背負ってまで大学へ行ったのかって。


でも楽しかったんです。ボロボロの部室で鍋パーティも、お金ないから業務スーパーで買った具材で鍋パーティも、サークル活動も、GEOで借りたDVDも、好きな人に翻弄される日々も、やっすい服を買うのも、バイト先のまかない改造するのも、全部が楽しかったんですね。大学行った意味は多分あります。何とは言えないんですけど。


20歳は全部がやっと楽しくなっていろんなことを覚えた時期でした。


私達の時の成人式って、すっごく大雪で。私は親が着物好きで自前の振袖も足袋も雪でびちょびちょ。アーメン。

雪のおかげで交通網は乱れ同級生は会場までたどり着かない事態。


初恋の相手にも数年ぶりに会える機会な訳ですよ。でもこの天候で彼は来れるのかな、来れるのかな、って何度も周りを見渡しドキドキしていました。

そしたらなんと、初恋の彼が現れたわけですよ。どうしよう、声かけようかな、そんな気持ちで頭がいっぱいのときに当時の私の気持ちを知っていた友達に連れられ初恋の彼の元へ。友達は粋な計らいが出来るいいやつでした。グッジョブ。

あーーーーーーやっぱりかっいい//////なにしゃべろ/////////////

そんなこんなで考えていると彼が一言


「お前、ばばあみてえ!」


ワテクシ20歳、成人式の夜、美白用化粧品購入したってよ(そういう問題じゃねえよ!!!)





はじめまして。

はじめまして。社会人になり早9ヶ月。

辛い辞めたい逃げたいよし転職だ〜!!!!!!そんな感情の毎日ですがブログをつけたらそんな毎日も少しは綺麗に色づいて見えるのではないかと思って始めてみました。


ワタクシは、昨年3月に大学を無事卒業し社会人になりました。

幼少期から狂ったようにりぼんを読みすぎていて頭の中は常にパラレルワールドです。私を狂わせた作品のきっかけは高須賀由枝先生のグッドモーニングコールという作品。イケメン同級生と同居するお話なんですけれどもワテクシは23歳になってもイケメン同級生と同居出来てません。りぼん呪うぞ。

そんなワテクシが社会人。スーパーゆとり世代なワテクシが社会人。

それは苦難苦労苦難苦労苦難苦労な毎日なわけです。

そんな日々を面白可笑しく書いていけたら幸いです。

口癖はあ〜転職してえ!です!よろしくお願いします!!!!