読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのに

 

だけど朝が来て、気づいたらまた寝てた。

その日は、夜に男の人と2人で飲みにいく約束をしていた。サークルの先輩が死んじゃったんだけどって連絡を入れた。

無理しなくていいよって返事が来た。無理するって何を無理するんだろうって素直に思った。

 

なんか口にしようと思ったけれど、家に食べるものがなかった。でも家から出る気力が沸かなかった。

あ、でもこれなんかたべないと、どこかの世界へ行くかも。と思ったら怖くなって物凄いひどい格好で家を飛び出して何かを食べた。味はしなかった。

 

夜が更けてきて怖くなった。夜が怖かった。目を瞑るのが怖かった。1人の部屋で目を瞑るのがこわい。どこかへ連れて行かれるかもしれない。

男の人に、やっぱり会ってくれませんか、と伝えた。男の人は優しい方だったのでいいよと言ってくれた。19時位に横浜から上野へ向かった、電車が物凄く空いていて、外を見ながら先輩どっか行っちゃったのにわたしなにしてんだろーって思った。夜は涼しかった、たぶん。

 

男の人は、多分物凄く気を使ってくれて話してくれて、普通に楽しい飲み会だったしそこそこ酔っ払った。男の人がトイレに行った時スマホ見たらサークルの人からたくさん連絡がきてた。ちなみに男の人とはその後なにも恋愛関係は持っていません。

 

そこそこ酔っ払って、家に帰りベットへ横たわり目を瞑ったら眠くなった。電気を点けたまま目を瞑ったらあんまり怖くなかった。

お通夜は夕方からだから適当に起きようと思ってアラームをかけた。2時間くらいは寝たけど、やっぱり目が覚めて寝付けなかった。2時間だけでも夜寝られたのはちょっと嬉しかった。

 

深夜なのに男の人に連絡をとったりしていた。この世界に入るために、寝てはいけないとか思っていた。

 

お通夜へ行くために駅で同期と待ち合わせた。同期となんて話せば良いかお互いよくわかっていなくて、からあげの話とかしていた。あと喪服暑い、とか話してた。

お金いくら包む?とか具体的な話を始めて、ねえ?本当に死んじゃったのかな?とか話してたけど、お互いよく信じられていなかったのでぼーっとしていた。ぼーっとしながら3時間電車に揺られていて、田舎になってきたねえとか話していた。先輩実家帰るときこの電車使ってたのかあとかも話した。

 

横浜から3時間、先輩の実家方面へ着いた。

田んぼ田んぼ田んぼ、田舎だった。街灯がなくってすごく怖くて、田んぼに吸い込まれてしまいそうで泣きそうになった。

 

斎場に着くと、サークルの人が居て先輩を囲ってわんわん泣いていたりした。

お焼香あげて、サークルの人とご飯食べて、先輩の顔を見に行った。わたしの知って入る先輩の顔じゃなくて、やっぱり別人だ!とか思った記憶がある。でもよく見ると先輩だったのですごく怖くなって足がすくんだ。ちゃんと見ることが出来なくなった。

先輩そう言えば4日前スパ行ったんだけなあ、とか思ってた。

 

尊敬するひとが亡くなったときのはなし。

 

今日は少し真面目な話をさせて下さい。

 

今から4年前、大学3年生の夏にサークルの1個上の先輩が突然亡くなった。

亡くなる前々日までサークルの部屋とかでふっつーに話してた。スパ行きたいとかよくわからない話しをしていた。

 

その時は夏休み真っ最中で、昼の12時位に毎日起きていたんだけれども、たまたま朝早く目が覚めて(午前9時20分くらい)スマホを眺めたらメーリスで死を知らせる連絡が来ていた。

嘘だと思って、目を瞑った。寝付けなかった。まじかよ。寝れない。「いや!嘘じゃん!」って言葉を発したのを覚えて居る。

ちなみにそのメーリスは部長から来てて私はそのメーリスを後輩に流す役割をしなければならなかった。とりあえず役割は果たそうと思って後輩へ転送した。妙に冷静だった。みなさん落ち着いて下さいとか書いた気もする。

同期から動揺のラインがたくさんきた。みんなおかしくなっていた。当たり前だ。誰よりもかっこよくて、すてきで、優しくて、みんなのヒーローだったあのひとが死んだ。よくわからなかった。

ラインは止まらなかった。でも私は冷静に淡々と返していた。SNSでも動揺が広がって居て、それはあかんと思って同期へ勧告した。

 

でも突然怖くなった。震えた。2日前までサークル部屋で、密室で、くだらない話をしていた先輩が死んだらしい、どこかへ行ってしまったらしい。ちょっと全然理解ができない。

お母さんに電話した。よくわかんないけど泣いた。悲しいとかじゃなくて、怖かった。2日前まで居たじゃん!世の中の仕組みがよくわからなかった。あの涙は自分でもよくわからない。

 

バイトまで時間はある、寝付けない。鳴り続けるライン。通知をオフにした。

葬儀の連絡がきたので葬儀の日、バイトを休みたいと店長へ連絡した。大丈夫?って言われた。何が大丈夫?なんだろう、って思った。

 

バイトへ向かおうと、12時位に家を出た。何か口に入れないと、夜までバイトなのに、と思ったけれど食欲が沸かなかった。

 

その日は物凄く暑かった。本当に暑かった。ノースリーブを来て、灼熱の中を駅まで歩いた。

汗がぽたぽたと垂れて来た。不思議なことに全く暑く感じない。びっくりした、感覚がない。でも汗は流れ続ける。お腹も空かない。悲しくもない。日陰に行く気力もない。灼熱を直接浴びながら、淡々と歩いた。

 

13時ごろ、バイトへ出勤。みんな事情を知って居て、無理しなくていいよって言われた。何を無理するのかと思ったけれど、とりあえず働いた。よく混んだ。

上の空だった。感覚がなかった。でも接客できてたし少しくらいの冗談も言えてた。ミスもなかった。

 

無事にバイトも終わった。バイトから帰るとき、一人暮らしの家に帰ろうと思ったらふと怖くなった。足がすくんだ。無理だ、と思った。ご飯を全然食べて居なかったから猛烈な吐き気を催した。母に連絡してその晩は実家へ戻った。ごはんを食べてわんわん泣いた。でもやっぱり悲しかったからじゃなくて、怖くて驚いて信じられなかったからだ。

 

その日は一睡も出来なかった。寝たら私もどこか知らない世界へ行ってしまうのではないかとか思ったからだ。

先輩は、先輩はどこか知らない世界に連れていかれた。だから私も今寝たら知らない世界に連れていかれると思った。夜は少し暑かったので、クーラーを入れた。

 

朝になって、日を浴びた。先輩が死んだ悲しみとかは何も実感せずに、先輩がどこへ行ったかを考えた。あの人のことだからまたサークル部屋かなーとか、帰省かなー、とか。

まあ死んじゃったんだけど。

とりあえず実家を後にして、横浜の繁華街をぶらぶらした。

 

一人暮らしの家に戻って、気づいたら寝ていた。

目が覚めた時私はどこかの世界へ行っていなかいか、を確認した。ちゃんと現実へ戻って来てた。

あ、明日お通夜行かなきゃ、と思って冷静に喪服の準備をした。後輩にも詳細の連絡をした。

 

この日も眠れなかった。どこかの世界はすぐ側にあるのかもしれないと知ってしまったからだ。

 

 

 

ゆとり喪女は転職活動難航中!!

 

はい、最終落ちたよ!!もうやだよ!!!恋人ともなんかうまくいかないよ!!

喪女、久々にメンタルやられてるよ!!!くっそーーーー!!ー

助けてくれ!喪女はとりあえずひたすら自分に自信がないのだ!


喪女に彼氏ができて大分時間も経過し、まあ特に倦怠期みたいなのもなくて、正直順調なんですけれども。

喪女はとりあえずひたすら自分に自信がない。


容姿コンプレックス酷いし、彼のような高学歴も持ち合わせていない、几帳面じゃないし、方向音痴、余計なこととか言っちゃうし。

そう、ともかくこんな私がなぜ彼氏とお付き合い出来ているか?が七不思議で、とてもなやみ、苦しんでいる。

本当に彼は私のために時間を割くべきなのか。


デートした後はとても心が満たされた気持ちになると同時に恐怖感に襲われる。

この幸福感に包まれることに慣れてしまったとき、彼といるのが当たり前になってしまったとき、そんな時に彼に振られたら私はどうしてしまうのだろうか。

死にはしないしボロボロ泣いたりとかはしないと思うけど。


私は彼に相応しい女性になりたい。自信を持ちたい。頑張りたい。

だけどこんな私と付き合ってくれた彼にも精一杯感謝はしたい、そんな彼のためにも私は努力をするのだ。(まーもちろん自分のためが1番だけど)

知識がなくても!ロック好きでも!誰でも楽しめるクラシック入門!!


今日は風がすごかったですね。

「やだ〜このまま飛ばされちゃうよお♡」とかそんな可愛いフレーズ一切御無用な無職の足音が近づき日々怯えている強靭な肉体を持つ喪女(24)だよ!!!こんばんは。強靭な肉体と強い心とこじらせ!三種の神器!!!モテないオンナの三種の神器!!


私はクラシック音楽が好きです、とは言っても小さい頃から英才教育を受けていたわけでも、バイオリンを習っていたわけでもありません。

小さい頃は海で走り回って自分で作った落とし穴に自分でハマったり、中学生の時なんて爆竹が授業中鳴ったり、窓ガラスがしょっちゅう割れたりしているような環境の中で平穏な日々とは…と毎日世の中に問いかけていたよ!

そんな、クラシックとは無縁の世界に居た私がなんでクラシックが好きなのか?ということ、そしてクラシック音楽の魅力を誰にでもわかるように伝えるよ!

私は難しいことを理解するのにもとても時間を要する人間なので、人に難しいことを説明するのにも苦労します、つまり頭悪い。

今はあまり労力を使いたくないからザクッとクラシックの魅力とかを伝えるよ!超雑だよ!本当にクラシック好きな人は読まないで!そして心よりごめんなさい。


クラシックってどうしても眠くなるーとか長いーとか、てかそもそも興味ないわー、back numberでも聞いてたほうが100000倍マシ。とか思っているそこの貴方。


あのーーーーー!!!わかるよ!!!君の気持ち、すっごくわかるよ!

私も中高生の頃は邦楽ロックが大好きで銀杏BOYZ聞いて涙を流したし、峯田リスペクト半端なかった。洋楽にもハマってエミネムとか超聞いて悪の世界に憧れた!!わかるよ!!クラシック音楽を授業で習ったときには爆睡してたよ…


でもね、なんで邦楽ロックとかさ、洋楽とかさ好きになったのか、どうしてそのバンドが好きなのか。どうしてその曲が好きなのか。まあいろいろな理由があると思うの。そのうちの1つに「この曲のサビがめっちゃ好き!!」「この曲の前奏たまらん」とかないですか??

そして「このバンドのギターリフ超好き!」とか思うようになったらもう貴方はすぐにクラシックにハマることが出来るよ!!(超極端な例だけど)


つまり、クラシック音楽を好きになるきっかけは普通の音楽と同じ!!!好きなかっちょいいフレーズを一個でも見つけてみる!!に限るよ。

長い曲を最初から最後まで聴く必要もなし!これは本当に重要で1から10まで理解する必要も聞く必要もなし!とりあえず3〜6くらいの中身を聴いてみて!

あと、難しい前知識は一切不要!ロマン派?古典派?ベートーベン?バッハ?リスト?気になったらググるようになるからそれでよし!

でも知識は知っておいたほうがまたより音楽を楽しめるので、興味を持ったら即ググろうね!!!


では、喪女(24)的、誰でも聴ける?!!?かっちょいいフレーズがあるクラシック曲をつらつらと記していくよ〜

 

チャイコフスキー/交響曲第5番 第4楽章

ムラヴィンスキー指揮/レニングラード交響楽団

(私はムラ様が大好きです、ムラ様サイコー!!)


https://m.youtube.com/watch?v=FL70U8EI31o


オススメ?というか聴きやすいのは圧倒的に4楽章から。ちなみに34分40秒くらいからいきなりグワーーーッとかっこよくなるからここから再生してみるともの凄く聴きやすいよ!

4楽章はテンション高めで終わるしメロディもとーっても美しいよ!とりあえず34分40秒から騙されたと思って最後まで聞いてみよう。

「いや、34分40秒からでも普通に眠くなった…」とかいう人はさ!36分からでもいいから聞いてみて!

あれ、クラシックってこんなにガツガツ熱いのか〜意外と聴きやすいなーって1ミリでも思った貴方。こちらの世界へようこそ。

このメロディいいじゃんって少しでも気に入ったらさ。4楽章のはじめ、31分58秒から再生してみよう。さっき聴いてちょっと耳に残ったあっついメロディまで我慢しよう。

……………あれ?この曲の初めも派手さはないけど……いいな………?この前奏があってこそ、あの派手なメロディが活きているのでは…?!!

そんな風に感じてしまった貴方は、チャイコフスキーとググってしまう呪いをかけました。チャイコフスキーは、耳に残るメロディが多いのでクラシック入門にとてもオススメです。

チャイコフスキーの他の作品だとスラブ行進曲とか祝典序曲1812年とかが私的にはとっても聴きやすいしノリノリな気分になれて楽しいからオススメです。 この2曲は15分くらいで終わるし入門編に本当にもってこい。


②わたしそんなガツガツした曲好きじゃないんだ…クラシック入門するくらいなら心地よいメロディを聞かせて(>_<)そんなワガママボディ(?)の貴方へ送る渾身の1曲!!

ブラームス/交響曲第1番 第4楽章

小澤征爾指揮/サイトウキネンオーケストラ

(なんだかんだサイトウキネンのブラ1が私は1番好みだなあというぼやき)


https://m.youtube.com/watch?v=2zjOORl-snU


この交響曲には、通称「神メロディ」と呼ばれるメロディがあります!(そんな風に呼んでるの私の周りくらいかもな…)

32分40秒から、再生してみてください。オススメの再生する環境下としてはベットでごろんと目を瞑って聴く、かな。


有名なメロディだから耳にしたこともあると思うけど、このメロディすっごくないですか?すっごく良くないですか?

「なんかめちゃくちゃ美しい…」そう思ってしまった貴方はブラ1のメロディなしではもう生きていけないワガママボディになる呪いをかけましたからね!!(大嘘)

神メロディを気に入ったらさ!30分30秒から再生してみて!大草原をイメージして!貴方は今からアルプスの少女ハイジ!!!はい、せーーの!!!


なんだから体が浮く感覚しません?なんかめっちゃ癒されません?!!??ふわふわしません?それです、その感覚、大事にしてください。


ブラームス交響曲第1番って、ブラームスっていう作曲家が21年もかけて作曲した作品なんです。21年もかけて、この作品を作り上げたんです。物凄く完成されていて洗練されたいる交響曲なんですよ。無駄なフレーズが一切ない。

正直4楽章以外はいわゆるクラシック曲!的な部分がかなりあるのですが、4楽章を聴いて興味を持って頂けたら是非、1楽章から聴いて曲の流れを楽しんでほしいです。私がクラシック曲を好きになった原点がこの曲には詰まっています。


要するにクラシックって、好きなフレーズとかメロディを見つけて、そのメロディやフレーズが気に入ったらそのフレーズの少し前から再生して、物足りないなと思ったら曲の最初から聴いてみるくらいでいいんです。

流れがあるのが理解できて、聴いていて楽しいと思ったらもう大丈夫、無敵です。


熱く書きすぎた…疲れた…まだまだ紹介したい曲はあるので続くよ!お風呂はいる!!










ゆとり喪女(24)は絶賛求職中!!!ここで働かせてください!


転職活動が中々うまくいかないというか大迷走中のゆとり喪女、24歳。

やりたいことはあるけれど、趣味大迷走、悩むこと、そして無になる!な喪女は毎日必死に生きております!!

昨日はそんな喪女を(きっと)それなりに心配していた(であろうと信じ込みたい)恋人氏とランチしてお散歩しました。

励みの言葉を頂き、喪女は愛され方がわからないので「おーーーっ!!応援されたっ?」「う、うえええい?」などの相変わらず訳のわからない高いテンションで応答し、もっと一緒に居たかったのに、別れるのが本当に寂しくて、別れる時間が近づくと秘技!!そっぽを向く!!で無駄にごまかし(本当に可愛くない)。

あーーーーーーーーうえーーーーーん今日もまた最後に素直になれなかった…こんなんじゃ彼女失格だーーーーーーーー振られちゃうよーーーー恋人は私よりも遥かにスペック高いし私なんて教養もないニートが近づく喪女だようわーーーん!!と思いながら趣味悩むことを大爆発させてきました。


ちなみに喪女の転職活動状況です。

本格的に先々週くらいから面接を何社かで受けています。

かなりの優良企業、最終面接までたどり着いたのですが落ちてしまい。

実は私、新卒の頃最終面接で落ちたことがなかったのでひっじょうにショックでしたね。落ち込みました。


しかし、喪女をなめないでほしい。今までの人生、何回も期待した、先輩に!!!同期に!!!!思わせぶりな態度取らされた、そしてダメだった。だからこじらせた!!!!!!!

思い出せよ!!!!私!!!!!慣れっこじゃんそんなこと!!!!

はい。大復活しました。今までの悲しい経験なめんなよ。

ってことで引き続き転職活動は続きますよ。


ちなみに私、スペック低いです。

最近頑張って10kgくらい痩せたので(別記事参照)まあぽっちゃりくらい。

顔はね、あ。ブルゾンちえみさんに似てると思います。ブルゾンちえみさんの劣化版と考えていただければ。

強そうな顔つきですね。守ってあげたくはならないと思います。むしろ戦えよ!って言いたくなる顔つきですね。鼻が低いです。ノーズシャドウつけても意味ナッシング。

学歴は、県内の私立四大法学部卒です。駅伝が有名くらいかな。はてなブログにたくさんいらっしゃるようなキラキラキラキラした学歴はありません、ごめんなさい!!!でもね!!凄く良い大学だったよ!母校大好き!!!

趣味は…焼き菓子を作るのことが好きです。焼き菓子って凄いよ。だって焼くのに失敗しなければ、クックパッド通り作れば、大抵成功するよ。インスタ映えもバッチリだよ。あ、秘技加工は必ずよ。タルトとかパイとかよく焼くよ。趣味って公言していいのかな。

あとひっそりと長く楽器を続けています。少し特殊な楽器なので内緒です!(誰も興味ないよ)

強みは、そうですねー。あ、辛いことがあってもお笑い芸人に負けないくらいの速さでネタにします。ボルトにも負けない。

スキルは金融系の仕事だったのでそこそこ専門知識はあるかな?ってくらいです。エクセルワードパワポは最低限出来るはず!

営業がやりたいなーって思って居ます。個人も法人も経験はあります。なんで営業かって?私、話すことでいろいろ乗り越えてきたから話すことしか自信ないんです。ずっと彼氏いなかったくせにね…


そんな喪女(24)無駄に根性はあるので一緒に働いてみたい(完全に居ない)、冷やかしたいっていう仏が居たらmojyo24.1992@gmail.comまでご連絡ください!はい!居ない!はい!論破!


(ちなみに喪女は現職です!3月いっぱいで退職予定だよ!)


追記 ちなみに恋人は私より遥かにスペックが高くて申し訳ない…と思いながら日々を過ごして居ます。騙されていてもいいの…嫌だけどね!!!!

でも、恋人のおかげでダイエット頑張ることができたりいろいろ素敵な効果がありました。あ、のろけです、でへ。




ゆとり喪女は転職活動を始めた、人生を変えるきっかけが欲しい

ちょっと真面目に記事を書きます。

わたしはど田舎の小さな支所で働いているのですが、まあパジャマのような格好と適当な化粧で出勤し、ヨレヨレの制服を着て、理不尽なお局にいびられ、次長のセクハラ発言に耐え、支店長に詰められ、自爆して、安月給を貰っていました。それでも2年間働いていました。

どうせどこにも行く場所がない、自分のようなクソ喪女を雇ってくれるところなんてない、変わりたいけど変わるきっかけがわからない、とりあえず自信もない、デブ、可愛くない、いい大学も出てない。の以下永遠ループ。

金曜になれば都内まで出て友人と飲みゲロゲロに酔っ払って精神を保つ日々。


そんな自分を変えたいと思ってたけど、なんせ自信がなくて。

「辞めたい」は口癖だけどそれ以上に自分への呪いが大きかった。


変わるきっかけはふと彼氏が出来て「やべーこのお腹は見せられない」とかそんな気持ちから始めたダイエット。

とりあえず走り始めた。つらい。5分も走ることができない。こんなに体力なかったのか。体が重い。おかし食べたいお酒飲みたいなんでこんなことしなきゃいけないんだ。寒い。足痛い。

最初はこんな負の感情しか出てこなくて、立ち止まってばっかりだった。

だからわたしは決めた、無理と思った距離プラス1分は走るようにしよう!と。

そしたら案外、走れた。もう1分、走り続けよう、つらい、だけど、走れた!

自分で呪いをかけていて、もう無理だって思ってたけど、実は案外進めた。

そんなこんなでランニングは楽しくて、まあいろいろなことはしたけど、10kg痩せた。可愛くなったねって言われる機会もぐんと増えた。恋人にもとても褒められた。嬉しかった。


そしたら、やっぱり職場を変えたいって思った。新卒で就活してる時はやっぱり自分に自信がなくて、顔がパンパンの証明写真にも嫌気がさして、口から出まかせのこと言って適当に面接してた。だから今の職場に入れたことはある意味ただしいルートだった。


でも、このままだと私はこの田舎から抜けられない、自分をもっと試したい、実は私ってまだ、若い。


そんなこんなで退職届を出して転職活動を始めました。まだ二ヶ月は働くけどね。いろんな本も読んで勉強も始めました。

スーツを着た私は、3年前よりも痩せていて、少しだけいい表情になっている気がする。少しずつ頑張ろう、あと1分、じゃないけど、1歩ずつね。たまには休憩もするけどね!!!